スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    奥菜 恵

    奥菜 恵

    生年月日 1979年8月6日
    現年齢 31歳
    出身地 日本広島県広島市
    血液型 O型

    両親とも広島の出身。小さい頃は広島に住んでいて父親の仕事の都合で東京に出てきた。
    広島のことはあまり覚えていないが、家では広島弁と東京弁が混ざった言葉だったという。

    若手時代は清純派として知られ制服女優などともよばれていたが、雌伏の時期を経て金スマのメグミのコーナーで魔性の女を演じ、以降は演技派に脱皮した。写真集ではセミヌードを披露している。

    ドラマでは主人公をいじめる役など、クールで感情を表に出さないような役どころが多い。
    しかし、バラエティなどにたまに出るとゲームなどですぐムキになったり負けてふてくされたり、とかなり人間臭い一面を見せる。

    2004年1月にIT関連会社のサイバーエージェント社長藤田晋と結婚したが、2005年7月に離婚。
    D'ERLANGERのギタリストCIPHERこと瀧川一郎と一時期交際を噂されていた。
    また、彼が所属していたバンドCRAZEのアイスルココロは奥菜恵のために作られた。

    2007年5月30日、引退報道が流れ、所属事務所も当月いっぱいでの退社を認めたとのこと。サンケイスポーツは、事務所と契約解除したと報じている(パーフィットの公式サイトからも紹介ページは既に削除済み)。
    しかし、引退から1か月過ぎた7月初めに、芸能界を引退した覚えはないと新聞等で報道された。

    2008年4月8日、双葉社より、自叙伝『紅い棘』を発売し、同時に公式サイトを開設して芸能活動を再開した。

    2009年3月12日、妊娠・入籍を発表した。相手は都内の会社員。

    2009年9月15日、第一子となる2984gの女児を出産。

    2010年7月、大手レコード会社ユニバーサルミュージックの子会社である芸能事務所「UM360」に所属開始。

    2010年10月23日、第二子を妊娠中である事をブログで公表。

    音楽
    シングル [編集]
    『この悲しみを乗り越えて』(1995.08.19)
    (c/w)あなたが好きだから
    『そんなの悲しいね』(1996.04.23)
    (c/w)Everyday
    『あなたのそばで』(1996.09.21)
    (c/w)夕日
    『今でも...あなたが好きだから』(1997.02.25)
    (c/w)瞳の言葉
    『淑女の夢は万華鏡』(1997.05.28)(アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』エンディング)
    (c/w)Spring Field
    『それでも愛してる』(1997.10.29)
    (c/w)夢のほとり
    『ゆらゆら』(1998.02.25)
    (c/w)YuKi
    『Eternity』(1998.08.21)

    アルバム
    『BLOSSOM』
    『illusion』
    『gradation』
    『i・n・g』
    『STAIRS-The Best Songs-』



    出演作品

    ドラマ
    金曜ドラマシアター『パ★テ★オ』(1992年、フジテレビ)
    If もしも『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(1993年、フジテレビ)
    真夜中を駆けぬける(1993年、朝日放送)
    世にも奇妙な物語七夕の特別編「時の女神」(1994年 フジテレビ)、冬の特別編「先生の『あんなこと』」(1996年、フジテレビ)
    とっても母娘(おやこ)(1995年、TBS)
    禁じられた遊び(1995年、よみうりテレビ)
    ワイン殺人事件~25歳の夏~(1995年、NHK)
    若葉のころ(1996年、TBS)
    君が人生の時 ~The Time of Your Life~(1997年、TBS)
    ふたり(1997年、テレビ朝日)
    青の時代(1998年、TBS)
    走れ公務員!(1998年、フジテレビ)
    蒲生邸事件(1998年・2000年、NHK)
    元禄繚乱(1999年、NHK大河ドラマ)
    天国に一番近い男(1999年、TBS)
    天国のKiss(1999年、テレビ朝日)
    砂の上の恋人たち(1999年、関西テレビ)
    花村大介第11~12話(2000年、関西テレビ)
    別れさせ屋(2001年、よみうりテレビ)
    新・星の金貨(2001年、日本テレビ)
    恋するトップレディ(2002年、関西テレビ)
    ぼくが地球を救う(2002年、TBS、友情出演)
    ビギナー(2003年、フジテレビ)
    共犯者(2003年、日本テレビ)
    小悪魔な女になる方法(2005年、フジテレビ)
    今夜ひとりのベッドで(2005年、TBS)
    時効警察第5話(2006年、テレビ朝日)
    医龍-Team Medical Dragon-』(第8話)(2006年、フジテレビ)
    相棒Season V 第1話(2006年、テレビ朝日)
    ちいさこべ(2006年、NHK)
    その他のテレビ番組 [編集]
    てれび絵本「ちいさいモモちゃんシリーズ」朗読(2003年- NHK教育テレビジョン)
    徹子の部屋(1999年、2005年、テレビ朝日)ゲスト
    ホレゆけ!スタア☆大作戦 ~まりもみ危機一髪!~ #15ゲスト(2007年- よみうりテレビ)ほか
    アジアンスマイル「“寺子屋”の笑顔を守りたい~タイ ポッププラ~」 ナレーション(2009年、 NHK総合
    にじいろジーン(関西テレビ)
    オーラの泉(テレビ朝日)
    メントレG(フジテレビ)
    SMAP×SMAP(フジテレビ)
    24時間テレビ(日本テレビ)
    徹子の部屋(テレビ朝日)
    第36回1999新春かくし芸大会(フジテレビ)
    アッコにおまかせ(TBS)
    女優力(日本テレビ)

    映画
    「パ★テ★オ PATIO」(1992年、松竹)
    「NIGHT HEAD」(1994年、東宝)
    「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」(1994年)
    「かわいいひと」(1998年、東映)
    「世にも奇妙な物語・映画の特別編『携帯忠臣蔵』」(2000年)
    「海のオーロラ(声優)」(2000年)
    「RED SHADOW 赤影」(2001年)
    「弟切草」(2001年)
    「infinity ∞ 波の上の甲虫」(2001年)
    「呪怨 劇場版」(2003年、「呪怨」製作委員会(パイオニアLDC・日活・オズ・ザナドゥー)、監督:清水崇)理佳 役
    「おいしい殺し方」(2006年、BSフジ・USEN・イースト、監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)消崎由香 役
    「ユリシス The Story of Cairns」(2006年)
    「犬神家の一族」(2006年)
    シャッター」 Shutter (2008年)
    「罪とか罰とか」(2008年)

    演劇
    『アンネの日記』(ホリプロ/1996、三都企画/1997)
    『ハムレット』(松竹/1998)
    『キレイ』(大人計画/2000)VHS/DVD
    『大江戸ロケット』(ホリプロ、劇団☆新感線/2001)VHS
    『ラヴ・レターズ』(パルコプロデュース)
    『七芒星』(ヴィレッヂ、劇団☆新感線/2002)
    『ドント・トラスト・オーバー30』(ホリプロ、シリーウォーク)VHS/DVD
    『Shuffle』(パルコプロデュース/2005)
    『トーキョーあたり』(映像のみ)(劇団健康/2005)
    『胎内』(青山円形劇場/2005)DVD
    『ペテン師と詐欺師』(日本テレビ、ホリプロ、天王洲銀河劇場/2006)
    『橋を渡ったら泣け』(シアターコクーン/2007)DVD
    『失われた時間を求めて』(阿佐ヶ谷スパイダース/2008)

    雑誌
    「Frau(フラウ)」2002年11月12日号 表紙でセミヌードを披露。

    著書
    三日月の椅子に腰掛けて(小学館)
    紅い棘(双葉社)2008.4.8.発行
    写真集 [編集]
    『meg now』(学研)
    『Bonita』(ワニブックス)
    『ALL ABOUT MEGU』(集英社)
    『別冊JUNON 奥菜恵パーソナルブック』(主婦と生活社)
    『南太平洋楽園夢絵巻』(集英社)
    『7years of』(学研)
    『人魚のゆくえ』(新潮社)
    『ESCAPE』(ワニブックス)
    『あたし』(ソニー・マガジンズ)
    『月刊奥菜恵』(新潮社)
    『POPEYE編集 裸足の島。EGUMI OKINA in BORACA』 (マガジンハウス)
    『THE OKINA 1/3 HAWAI編』(朝日出版社)
    『THE OKINA 2/3 TOKYO編』(朝日出版社)
    『THE OKINA 3/3 PARIS編』(朝日出版社)
    『月刊奥菜恵 SPECIAL』(新潮社)
    『弟切草 MEGUMI OKINA』(角川書店)

    受賞歴
    第34回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞(ミュージカルアンネの日記の演技にたいして)1996
    二十歳のベスト・パール・ドレッサー2000


    主演作品を、お求めの方はこちらから



    『Maniac cinema 人物紹介 奥菜 恵』

    テーマ : この映画がすごい!!
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    MENU
    検索フォーム
    リンク
    広告
    アフィリエイト・SEO対策 FC2レンタルサーバーLite
    FC2カウンター
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。