スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    キャシー・ベイツ

    キャシー・ベイツ

    本名 Kathleen Doyle Bates
    生年月日 1948年6月28日
    国籍 アメリカ合衆国
    配偶者 Tony Campisi (1991-1997)

    テネシー州メンフィス出身。
    本名はキャスリーン・ドイル・ベイツ(Kathleen Doyle Bates)。2人の姉がいる。1969年に南メソジスト大学卒業。

    舞台からキャリアをスタートし、1983年には『'Night, Mother.』でトニー賞を受賞。
    映画では1971年公開の『パパ/ずれてるゥ!』でデビュー。1990年公開の『ミザリー』で作中小説『ミザリー』の文字通り熱「狂」的なファンを演じてアカデミー主演女優賞とゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)を受賞した。

    また、ヒットしたテレビシリーズ『シックス・フィート・アンダー』にゲスト出演し、5エピソードで監督も手がけている。

    出演作品
    『パパ/ずれてるゥ!』 Taking Off (1971)
    『セカンド・チャンス』 Two of a Kind (1983)
    『ミザリー』 Misery (1990)
    『ぼくの美しい人だから』 White Palace (1990)
    『ディック・トレイシー』 Dick Tracy (1990)
    『フライド・グリーン・トマト』 Fried Green Tomatoes (1991) - キネマ旬報ベストテン第8位
    『ウディ・アレンの 影と霧』 Shadows and Fog (1992)
    『迷子の大人たち』 Used People (1992)
    『ノース 小さな旅人』 North (1994)
    『黙秘』 Dolores Claiborne (1995)
    『悪魔のような女』 Diabolique (1996)
    『輝きの海』 Swept from the Sea (1997)
    『タイタニック』 Titanic (1997) - キネマ旬報ベストテン第4位
    『ウォーターボーイ』 The Waterboy (1998)
    『ラットレース』 Rat Race (2001)
    『夢見る頃を過ぎても』 Unconditional Love (2002)
    『アバウト・シュミット』 About Schmidt (2002)
    『コーリング』 Dragonfly (2002)
    『80デイズ』 Around the World in 80 Days (2004)
    『シャーロットのおくりもの』 Charlotte's Web (2006) 声の出演
    『恋するレシピ~理想のオトコの作り方~』 Failure to Launch (2006)
    『ビー・ムービー』 Bee Movie (2007) 声の出演
    『ブラザーサンタ』 Fred Claus (2007)
    P,S,アイラブユー』 P.S. I Love You (2008)
    『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 Revolutionary Road (2008)
    『地球が静止する日』 The Day the Earth Stood Still (2008)
    『しあわせの隠れ場所』 The Blind Side (2009)
    『バレンタインデー』 Valentine's Day (2010)

    受賞
    アカデミー賞
    主演女優賞
    1990 『ミザリー』
    ゴールデングローブ賞
    主演女優賞(ドラマ部門)
    1991 『ミザリー』
    助演女優賞(ミニシリーズ)
    1997 『The Late Shift』



    『Maniac cinema 人物紹介 キャシー・ベイツ』

    テーマ : この映画がすごい!!
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    MENU
    検索フォーム
    リンク
    広告
    アフィリエイト・SEO対策 FC2レンタルサーバーLite
    FC2カウンター
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。