スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    キアラン・ハインズ

    キアラン・ハインズ

    Ciarán Hinds
    生年月日 1953年2月9日
    出生地 ベルファスト

    彼の名前はアイルランド語名であり、「キーラン」(/kɪˈɛra:n/、"KEE-uh-rawn")と読むのが日本語としては近いが、「キアラン」、「シアラン」、「チャーラン」などと映画配給会社によってまちまちである。

    ベルファストのクイーンズ大学で法律を学んでいたが、俳優になるために中退し、ロンドンの王立演劇学校に通った。

    76年よりグラスゴーの市民劇場で舞台出演を始め、フィリップ・プラウズ演出作品で頭角を現し、84年にはプラウズ演出作品でロンドン・デビュー。
    87年、ピーター・ブルック演出による舞台『マハーバーラタ』の英語版公演に参加するためフリーとなり、欧米、日本、ロシアを巡演し、これによって広く知られるようになる。
    以後、映画でも活動を始めるが、91年にはロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで1年の間に4作品に出演。
    翌年はサム・メンデス演出によるスティーヴン・ソンドハイム作『アサシンズ』のドンマー・ウェアハウス公演で団と離れるが、93年はメンデス演出『リチャード三世』ワールド・ツアーの主演のため再度参加した。
    1998年と1999年にはロンドン(ロイヤル・ナショナル・シアター)とブロードウェイの両方でパトリック・マーバー作『クローサー』に主演して評判となった。

    出演作品
    エクスカリバー Excalibur (1981)
    マハーバーラタ The Mahabarata (1989/映画版、TV版の2種)
    コックと泥棒、その妻と愛人 The Cook the Thief His Wife & Her Lover (1989)
    第一容疑者3 Prime Suspect 3 (1993/TV)
    待ち焦がれてPersuasion (1995) ビデオ発売 ジェーン・オースティン原作
    ジキル&ハイド Mary Reilly(1996)
    オスカーとルシンダ Oscar and Lucinda (1997)
    ロスト・サン The Lost Son (1999)
    12日の木曜日 Thursday the 12th (2000/TV)
    トータル・フィアーズ The Sum of All Fears (2002)
    ロード・トゥ・パーディション Road to Perdition (2002)
    ヴェロニカ・ゲリン Veronica Guerin (2003)
    トゥームレイダー2 Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life (2003)
    カレンダー・ガールズ Calendar Girls (2003)
    オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (2004)
    ミュンヘン Munich (2005)
    マイアミ・バイスMiami Vice (2006)
    マリア The Nativity Story (2006)
    アメイジング・グレイス Amazing Grace (2006) 日本未公開
    ゼア・ウィル・ビー・ブラッド There Will Be Blood (2007)
    マーゴット・ウェディング Margot at the Wedding (2007) 日本未公開
    ストップ・ロス/戦火の逃亡者 Stop-Loss (2008) 日本未公開
    ウィッチマウンテン 地図から消された山 Race to Witch Mountain (2009)



    『Maniac cinema 人物紹介 キアラン・ハインズ』

    テーマ : この映画がすごい!!
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    MENU
    検索フォーム
    リンク
    広告
    アフィリエイト・SEO対策 FC2レンタルサーバーLite
    FC2カウンター
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。