スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ドウェイン・ジョンソン

    ドウェイン・ジョンソン

    リングネーム ザ・ロック
    ロッキー・メイビア
    フレックス・カバーナ
    本名 ドゥエイン・ジョンソン
    ニックネーム ピープルズ・チャンピオン
    グレート・ワン
    ブラフマ・ブル(猛牛)
    誕生日 1972年5月2日

    母方の祖父はハワイマットのボスで伝説のサモア人レスラー、"ハイ・チーフ" ピーター・メイビア。
    父も絶大な人気を誇った黒人レスラー、"ソウルマン" ロッキー・ジョンソンというレスラーの家庭に生まれ育つ。
    どんな人種にも見える彼の独特の肌は、このサモア系と黒人のハーフという珍しい血統による。

    元々はプロレス志望ではなく、ハイスクール時代からアメリカンフットボール選手として活躍し、多くの大学からのスカウト受けその中のマイアミ大学に進学。
    怪我に悩まされながらも選手として活躍し、全国優勝を果たした。
    学業では犯罪学を学ぶ。
    卒業後はNFLを目指すが、指名が掛からずカナダのフットボールリーグCFLでNFL入りを目指すも酷い生活の中、1年ほどで解雇されてしまいプロフットボーラーを断念する。なお、
    この当時からグレート・ムタのファンでもあったことを公言している。

    その後プロレスラー転向を目指し父とロン・スリンカーのコーチを受ける。
    その後パット・パターソンの紹介を得てWWF(当時)でトライアウトとしてテレビ収録のダーク・マッチで2回ほど試合を行う(この時はリングネームは無く本名だった)。
    その後、1995年にテネシー州メンフィスのUSWA(ジェリー・ジャレット&ジェリー・ローラー主宰)でデビュー。

    2度目のトライアウト(相手はオーエン・ハート)でついにWWFに昇格。

    1996年11月にPPV大会サバイバー・シリーズでWWFデビュー。
    当初は父と祖父の名前にあやかったロッキー・メイビアというリングネームで戦い、ハンター・ハースト・ヘルムスリーを下してIC王座を獲得するなどしたが、注目を浴びなかったため方向転換を余儀なくされた(この時のキャラクターが「どこにでもいる好青年キャラ」で、あまりにも平凡すぎたために注目されなかった)。
    しかしキャラクター後期には典型的なベビーフェイスにもかかわらず「サイテー」コールを浴び、彼を正統派フェイスとして売り出そうとしていたビンス・マクマホンは「どこで間違ったんだ」と唖然としたといわれる。
    その後、本人の意向もありジム・ロスが「ロッキーではなくザ・ロックに変更してはどうか」とビンスに勧め、『ザ・ロック』が誕生するに至った。

    1997年5月にヒールターンし、黒人至上主義のユニット、ネーション・オブ・ドミネーション(NOD)に加入。
    その後、NODのリーダーであったファルークと険悪になり、ユニットから追放し自らリーダーとなる。
    リングネームを現在のものに変え、コスチュームも無駄に派手なものから黒を基調としたトランクスとブーツに変更。
    髪を切り、後はカリスマ性と創造性で魅せるようになった。
    スラングを多用した毒舌トークから人気に火がつき一気にスターダムへのし上がった。

    当時のWWF王座戦線はブレット・ハートやショーン・マイケルズの独擅場だったため、IC王座を巡りストーン・コールド・スティーブ・オースチン、ケン・シャムロック、オーエン・ハートらと熾烈な抗争を展開。
    トリプルHとはそれぞれ率いるD-XとNODとの軍団抗争でも対決した。

    1998年11月18日、サバイバー・シリーズで行われたWWF世界王者決定トーナメントを制し、当時最年少記録の26歳で王者となる。
    以降マンカインドやトリプルH、ジ・アンダーテイカーなどのライバル達とWWF王座を巡って名勝負、名インタビューを連発し時代を象徴する選手となった。
    特にストーンコールドとのWWF王座戦は2度に渡ってレッスルマニアのメインイベントに組まれており、これを含め4年連続で同大会のメインイベントを務めた。
    2001年WCWが吸収合併された際にはWCW王座を獲得している。

    2002年3月1日、日本の横浜アリーナで行われたWWEのHouseShow(日本公演)『SMACKDOWN! TOUR LIVE IN JAPAN』で、プロレスラーとして初来日を果たした。
    この時はクリス・ジェリコとWWE統一ヘビー級王座を賭けた王座戦を戦い、日本のファンを熱狂させた。

    これに前後して『スタートレック:ヴォイジャー』『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』へのゲスト出演をきっかけに映画俳優転向を志し、『スコーピオン・キング』で初めて主演を務めた。
    この作品の撮影から復帰後はWWE統一ヘビー級王座も獲得したが、SummerSlam 2002でブロック・レスナーに敗れて転落。

    2003年1月に再びヒールとしてWWEに戻り、No Way Outでホーガンとの再戦、WrestleMania XIXではストーンコールドの「引退試合」、Backlashのメインイベントではビル・ゴールドバーグのWWE初試合と、世紀の対決を連発した。
    このころは映画スターとしてのキャラクター性が強く、その合間にプロレスをやっているという扱いであった。

    2004年、当時エボリューションと抗争していたかつての相棒ミック・フォーリーを助けるために3月1日のRAWに登場した。
    そして3月14日のWrestleMania XXではミック・フォーリーとのタッグ「ロックン・ソック・コネクション」を復活させ、エボリューションとのハンディキャップ・マッチを行ったが、試合には敗れてしまった。

    2004年5月17日、ジョナサン・コーチマンにボロクソに言われたユージンを助けるために登場。
    途中ユージンに「好きなレスラーはトリプルH」と言われてしまう一幕もあったが、二人でコーチを一蹴し大歓声を受けた。

    6月21日に自身の地元マイアミで行われたRAWにも登場している。そこでは自身と同じ三代目スターであるランディ・オートンと口論となったため、GMのエリック・ビショフに追い出されるような形で会場を後にしたが、十分に存在感を見せつけた。

    2007年3月12日のRAWにビデオながら突如登場し、WrestleMania 23で行われるビンス・マクマホンの代理選手ウマガとドナルド・トランプの代理選手ボビー・ラシュリー勝負について語ると共に、久々の決めゼリフを披露した。

    2008年3月29日、祖父ピーター・メイビアと父ロッキー・ジョンソンのWWE殿堂入りを紹介するプレゼンターとして式典に姿を見せた。

    2008年公開の映画『ゲット スマート』ではメインキャストの1人としてスパイを演じている。

    2009年公開の主演映画『ウィッチマウンテン 地図から消された山』は北米での公開週の興行成績が1位となり俳優としての注目度及び評価も上がっている。


    右肩にタトゥーで彫られているロックの象徴、ピープルズアイブローをした赤目の「猛牛=ブラフマ・ブル」のモデルはインド牛で、子供の頃から好きだったという。
    粘り強いが、同時にやさしく、感受性も豊かであるかららしい。また2003年頃から、左半身を中心にサモアの伝統的な刺青を加え続けている。

    なお、日本においては「ロック様」と呼称されることが多いが、これは自らを三人称(The Rock)で語る口調をWWEの字幕放送を行っているJ SPORTSがそのように訳したためである。

    プロレスラーとしての引退を宣言してはいないが、俳優としての活動が多くなっている。
    俳優としても評価され、現在、俳優としての契約から試合で万が一にも怪我出来ないため、リングに上がりたくても上がれない状態になっている(事故が起きる可能性も考慮されていて、自分で車も運転出来ない)。

    だがすでにプロレスラーとしてはすべてを達成していることもあり、インタビューで引退を仄めかすような言葉を口にすることもある。
    すでに「ロックを知らないWWEファン」や、「ロックがプロレスラーだったことを知らない映画ファン」の数も多い。
    筋肉もだいぶ落ちているようである。

    しかし、自らを「ピープルズ・チャンピオン」と名乗る尊大な態度のプロレスラーとして人気を誇る、『ザ・ロック』のリング復帰を望む声も強い。
    特にアティテュード期からのファンは復帰を熱望している。
    しかしながら、この程、米国の雑誌『エンターテインメント・ウィークリー』のインタビューに答え、「私はそのニックネームと共に全てを築いてきたことを承知しているが、そのネームバリューなしに何かもっと多くのことが出来ないものかずっと模索してきた。
    (私の名前が)“ザ・ロック”からドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソンへ、そしてドウェイン・ジョンソンへと変わるのは自然の成り行きなんだ」と語り、ザ・ロックというキャラクターと訣別する意思を持っていることを明らかにしている。


    従来のレスラー以上に会場を沸かせることには非常に長けており、独特ながらも高いレスリングセンスを兼ね備えていた。特に持ち前の身体能力を生かした羽があるかのように跳ね上がる受け身は彼しかできないといわれている。

    主な語録
    Just bring it!!
    (かかってこい!)

    If you smell what The Rock is cookin'!
    (ロック様の妙技を、たっぷりと、味わうがいい!)

    Finally The Rock has come back to " "!
    (ついに、ロック様が、○○に帰ってきたぞ!)
    空白部分には興行をする地名が入る。今まで訪れたことのない土地であったとしても「お約束」としてインタビュー中にこの言葉を叫ぶ。出身地であるフロリダ州マイアミで興行が行われた際には「Finally The Rock has come back home」とアレンジしたこともある。

    Know your role, and Shut your Mouth!
    (身の程を知れ、そして黙れ!)

    Lay the SmackDown Hotel!
    (お仕置きホテルにぶち込んでやる!)

    It doesn't matter what you " "!
    (貴様の○○など関係なし!)
    まず相手に質問し、相手が喋り出すと同時に叫ぶ。空白部分にはロックが質問したこと(think「考え」やwant「希望」など)が入る。

    獲得タイトル

    USWA
    USWAタッグ王座 : 2回(w / Bart Sawyer)

    WWE
    インターコンチネンタル王座 : 2回
    WWF王座 : 7回
    2000年ロイヤルランブル優勝
    WWF世界タッグ王座 : 5回(w / ミック・フォーリー×3、ジ・アンダーテイカー、クリス・ジェリコ)

    WCW
    WCW・世界ヘビー級王座 : 2回(WWFがWCWを買収した後のため、獲得した際のリングはWWF)

    出演映画
    ハムナプトラ2/黄金のピラミッド
    スコーピオン・キング
    ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン
    Be Cool/ビー・クール
    ワイルドタウン 英雄伝説
    DOOM
    ギャングスターズ 明日へのタッチダウン
    ゲーム・プラン
    サウスランド・テイルズ
    ゲット スマート
    ウィッチマウンテン 地図から消された山 
    妖精ファイター



    『Maniac cinema 人物紹介 ドウェイン・ジョンソン』

    テーマ : この映画がすごい!!
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    MENU
    検索フォーム
    リンク
    広告
    アフィリエイト・SEO対策 FC2レンタルサーバーLite
    FC2カウンター
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。