スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレット


    Kate Winslet
    本名 Kate Elizabeth Winslet
    生年月日 1975年10月5日
    出生地 イングランド バークシャー州レディング
    国籍  イギリス
    職業 女優
    配偶者 ジム・スレアプレストン (1998年 - 2001年)
         サム・メンデス (2003年 - 2010年)

    イングランド・バークシャー州レディングで生まれる。祖父母、両親、叔父、姉と妹も俳優である。
    英国国教会派として育ち、11歳から16歳まで地元の演劇学校に通った。学生時代は足の太さや体格などでいじめられたという。

    コマーシャルや舞台、テレビドラマなどの出演を経て、1994年にヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞した『乙女の祈り』で映画デビュー。
    翌年公開の『いつか晴れた日に』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演女優賞を受賞した。

    1997年公開のハリウッド大作『タイタニック』のヒロイン、ローズ役で一躍知られるようになり、この作品でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。
    また、『タイタニック』や『ハムレット』、『クイルズ』、『ネバーランド』など、コスチューム・プレイの作品が多いことから「コルセット・ケイト(Corset Kate)」という
    ニックネームが付けられた。

    2000年のグラミー賞でBest Spoken Word Album for Childrenを受賞。

    2001年には『クリスマス・キャロル』の主題歌である『What If?』というシングルをリリースし、イギリスでは初登場6位、アイルランドでは初登場1位を記録した。
    同年公開の『アイリス』で若き日のアイリス・マードックを好演し、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。

    2004年公開の『エターナル・サンシャイン』、2006年公開の『リトル・チルドレン』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

    2005年にBBCで放送されている『エキストラ:スターに近づけ!』にゲスト出演し、エミー賞ゲスト女優賞にノミネートされた。

    2008年公開の『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』と『愛を読むひと』の好演により、第66回ゴールデングローブ賞では前者の作品で
    主演女優賞 (ドラマ部門)を、後者の作品で助演女優賞と、ダブル受賞を果たした。
    第81回アカデミー賞では『愛を読むひと』で主演女優賞を受賞した。

    2009年現在、33歳で6回のアカデミー賞ノミネートは最年少記録でもある(それまでの最年少記録はベティ・デイヴィスの34歳で6回のノミネート)。

    過去に『Dark Season』で共演した俳優兼作家のステファン・トレンドレ(1997年12月に癌で他界)や俳優のルーファス・シーウェル[7]と交際していた。『タイタニック』で共演したレオナルド・ディカプリオとは親友[8]で、よく食事にも行く。

    1998年11月22日に『グッバイ・モロッコ』の撮影で出会った助監督のジム・スレアプレトンと結婚。
    2000年10月12日に長女(ミア・ハニー・スレアプレトン)を出産したが、2001年に離婚。
    2003年5月24日に舞台演出家兼映画監督のサム・メンデスと再婚し、同年12月22日に長男(ジョー・アルフィー・ウィンスレット・メンデス)を出産。
    2010年3月15日 すでに離婚に向けて別居をしていたことを彼らの弁護士を通じて発表した。

    出演作品
    Dark Season (1991)
    Get Back (1992)
    乙女の祈り (1994)
    Heavenly Creatures (1994)
    タイムマスター/時空をかける少年 (1995)
    A Kid in King Arthur's Court (1995)
    いつか晴れた日に (1995)
    Sense and Sensibility (1995)
    マリアンヌ・ダッシュウッド
    英国アカデミー賞 助演女優賞受賞
    アカデミー助演女優賞ノミネート
    ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
    日蔭のふたり (1996)
    Jude (1996)
    ハムレット (1996)
    タイタニック (1997)
    アカデミー主演女優賞ノミネート
    ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート
    グッバイ・モロッコ (1998)
    Hideous Kinky (1998)
    Faeries (1999) 声の出演
    ホーリー・スモーク (1999)
    クイルズ (2000)
    エニグマ (2001)
    クリスマス・キャロル (2002) 声の出演
    アイリス (2002)
    アカデミー助演女優賞ノミネート
    ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
    英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート
    ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (2003)
    エターナル・サンシャイン (2004)
    アカデミー主演女優賞ノミネート
    ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
    英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
    ネバーランド (2005)
    英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
    Romance & Cigarettes (2005)
    オール・ザ・キングスメン (2006)
    リトル・チルドレン (2006)
    アカデミー主演女優賞ノミネート
    ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート
    英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
    マウス・タウン ロディとリタの大冒険 (2006)
    ホリデイ (2007)
    ブルーオアシスII 3D (2007)
    きつねと私の12か月 (2008)
    Le renard et l'enfant (2008) ナレーター
    愛を読むひと  (2008)
    アカデミー主演女優賞受賞
    ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞
    英国アカデミー賞 主演女優賞
    レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (2008)
    ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)受賞
    英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート

    主な受賞
    アカデミー賞
    2008年度 主演女優賞 『愛を読むひと』
    ゴールデングローブ賞
    2008年度 主演女優賞 (ドラマ部門) 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
    2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』
    英国アカデミー賞
    1995年度 助演女優賞 『いつか晴れた日に』
    2008年度 主演女優賞 『愛を読むひと』
    ロサンゼルス映画批評家協会賞
    2001年度 助演女優賞 『アイリス』
    ロンドン映画批評家協会賞
    1995年度 英国主演女優賞 『乙女の祈り』
    2004年度 英国主演女優賞 『エターナル・サンシャイン』
    ヨーロッパ映画賞
    1998年度 観客賞 (女優賞) 『タイタニック』
    2001年度 観客賞 (女優賞) 『アイリス』
    2009年度 女優賞 『愛を読むひと』
    放送映画批評家協会賞
    2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』
    全米映画俳優組合賞
    1995年度 助演女優賞 『いつか晴れた日に』
    2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』
    グラミー賞
    2000年度 Best Spoken Word Album for Children 『Listen To the Storyteller』















    『Maniac cinema 人物紹介 ケイト・ウィンスレット』

    テーマ : この映画がすごい!!
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    MENU
    検索フォーム
    リンク
    広告
    アフィリエイト・SEO対策 FC2レンタルサーバーLite
    FC2カウンター
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。