スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    レナ・オリン

    レナ・オリン

    Lena Olin
    本名 Lena Maria Jonna Olin
    生年月日 1955年3月22日
    出生地 ストックホルム
    国籍 スウェーデン
    配偶者 ラッセ・ハルストレム (1994年 - )

    ストックホルムにて、三人兄弟の末っ子として生まれる。両親ともに俳優で、父親はイングマール・ベルイマン作品の常連であった。
    1975年に北欧のミスコンテスト(Miss Scandinavia)で優勝。その後、スウェーデン王立演劇アカデミーやロイヤル・ドラマティック・シアターで演技を学び
    シェイクスピアやイプセンの舞台に出演。ベルイマン監督作品にも端役で出演した。


    その後スウェーデン映画から徐々に映画に出演するようになり、1989年にダニエル・デイ=ルイスと共演した『存在の耐えられない軽さ』で英語作品に初出演
    同作品で注目を集める。
    また、同年公開の『敵、ある愛の物語』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。
    1993年の『蜘蛛女』では冷酷なマフィアを演じ、強烈な印象を残している。

    2002年から2006年までテレビシリーズ『エイリアス』でジェニファー・ガーナーの母親役で出演。

    1986年にスウェーデン人俳優Örjan Rambergとの間に長男を出産したが、後に破局。
    1994年にスウェーデン人の映画監督ラッセ・ハルストレムと結婚、1995年に長女を出産。
    現在は家族と共にニューヨーク在住。

    出演作品

    映画
    鏡の中の女 Ansikte mot ansikte (1976)
    ファニーとアレクサンデル Fanny och Alexander (1982)
    存在の耐えられない軽さ The Unbearable Lightness of Being (1988)
    敵、ある愛の物語 Enemies: A Love Story (1989)
    蜘蛛女 Romeo Is Bleeding (1993)
    心のままに Mr. Jones (1993)
    NY検事局 Night Falls on Manhattan (1997)
    自由な女神たち Polish Wedding (1998)
    ナインスゲート The Ninth Gate (1999)
    ショコラ Chocolat (2000)
    クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア Queen of the Damned (2002)
    ダークネス Darkness (2002)
    16歳の合衆国 The United States of Leland (2003)
    ハリウッド的殺人事件 Hollywood Homicide (2003)
    カサノバ Casanova (2005)
    愛を読むひと   The Reader (2008)
    テレビ [編集]
    エイリアス  Alias (2002 - 2006) - イリーナ・デレフコ


    主演作品を、お求めの方はこちらから



    『Maniac cinema 人物紹介 レナ・オリン』

    テーマ : この映画がすごい!!
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    MENU
    検索フォーム
    リンク
    広告
    アフィリエイト・SEO対策 FC2レンタルサーバーLite
    FC2カウンター
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。