スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スティーブン・セガール

    スティーブン・セガール

    Steven Seagal
    本名 Steven Frederick Seagal
    生年月日 1952年4月10日
    出生地 アメリカ・ミシガン州

    ユダヤ系の父とアイルランド系の母のもとミシガン州ランシング市に生まれる。
    7歳から格闘技に接する。青年期はカリフォルニア州フラートン市で過ごす。
    カリフォルニアにあるアミューズメント施設のジャパニーズ・ディア・パーク (Japanese Deer park) で空手の実演をした。
    17歳で来日、英語を教えながら禅、合気道、剣道、柔道、空手を学ぶ。合気道7段。ほかにも太極拳を始めとして、複数の中国武術を学ぶ。

    大阪・十三にある合気道道場の娘、藤谷美也子と1975年に結婚し、大本教に入信。藤谷文子と剣太郎セガールをもうける。
    1983年にアメリカへ帰国。
    1984年、女優アドリエーン・ラルッサと結婚。この時点でセガールは事実上の重婚となる。
    この重婚を知ったアドリエーンはこれが許せず、同年に離婚。
    986年には、さらに最初の妻・美也子とも離婚が成立。
    その後、『ハード・トゥ・キル』で競演した女優、ケリー・ルブロックと1987年9月5日に結婚し、一男二女を授かるが、1996年に離婚。

    合気道の技法を中心としている。ナイフ格闘術はフィリピン系の武器術。他に古流柔術風の関節技や空手、棒術(杖)、太極拳なども多用する。
    これら武道家ならではのリアルな格闘アクションは、「セガールアクション」「セガール拳」と呼ばれることがある。
    若い頃、スタントアクション指導中に、ショーン・コネリーの手首を骨折させてしまったことがある。

    武術格闘シーンを主体とし、ケレン味は薄いが、のちの作品では格闘シーンに、弱点であった派手なアクロバット要素を取り入れるため、代役(スタントマン)を使う例もある。
    本国アメリカでビデオストレートとして制作された作品、中でも『撃鉄2 -クリティカル・リミット-』のアクションシーンは、スタントマンのアクションにセガールの顔が挿入されている。

    コルト・ガバメントに愛着がある。彼が演ずる主人公達は、『エグゼクティブ・デシジョン』以外、この銃をメインで使用している。
    プライベートでも、ミュージアムアイテムクラスから最新のカスタムガンまで多数をコレクションしており、かなりのこだわりを持っている事が知られている。

    身長193cm。『如何にも強そう』な精悍な顔立ちをしており、実際に強い。
    代表作は『沈黙の戦艦』を始めとする沈黙シリーズ。元軍人や刑事、元特殊部隊の隊員などの百戦錬磨の経歴を持ち、東洋武術の達人で凄腕かつ冷静な主人公を演じることが多い。
    大きな困難やピンチが無く、ほとんど無傷のまま一方的に敵を壊滅させるストーリーが大半で、その圧倒的な強さが痛快で人気を博している。
    出演する映画の役作りは、髪の毛をうしろで束ね、黒ずくめもしくは中国風の服を着た寡黙な武道の達人というキャラクターでほぼ共通している。
    出演する映画における役柄がほとんど同じと言うこともあって、役ごとの演じ分けはあまり見られない。

    セガールは常に圧倒的戦闘力を持つ不死身の男を演じている。
    最も大きなダメージを受けたハード・トゥ・キルでも、全身に銃弾を浴びるが死には至らず、7年後に目を覚まして回復している。
    しかし主演作では無い『エグゼクティブ・デシジョン』(友情出演)では途中でアッサリと退場している。

    マウンテンデューのTVCM(日本未放送)において、「強盗に襲われているコンビニに偶然立ち寄ったセガールが、普通に買い物をする過程で次々と悪漢たちを自滅させていき、最後には助けたはずの店員や、駆けつけて来た警官まで誤って倒してしまう」というセルフパロディを演じている。


    *余談
    長期間日本の大阪に滞在していたため日本語(大阪弁)は堪能。
    淀川長治とは日本語で対談を行った。淀川の「日本語がお上手ですね」に対してセガールは「恐れ入ります」と応えた。

    初主演作品の『刑事ニコ』のオープニングシーンおよびコンベンションセンターでのシーンや、2005年公開の映画『イントゥ・ザ・サン』では日本語の台詞を用いているほか、いくつかの作品では日本語の単語を台詞の中で用いている。

    2008年正月、『奪還 DAKKAN -アルカトラズ-』のテレビ放映時に出演し、「あけましておめでとうございます」と挨拶をし、日本語で映画のみどころをアピールした。
    しかしコメントの締めの日本語を言い間違えたあと苦笑いをし、日本語はもう20年ほど話していなかった為忘れてしまった、と(やはり日本語で)語っている。

    日本のワイドショー『情報プレゼンター とくダネ!』に出演した際、シルヴェスター・スタローンが『ロッキー・ザ・ファイナル』(当時報道された仮題は『ロッキー6』)の製作を
    発表したことについてコメントを求められ「彼は最近仕事が無いから」や「品のある年の取り方をして欲しい」などの苦言を呈し、さらにデーブ・スペクターと
    パパラッチ問題について語り合うなどした。もちろんデーブとのやり取り含め、全て日本語である。

    映画の宣伝のために来日した際には、インタビューや出演したバラエティー番組等で大阪仕込の「ノリ・ツッコミ(一旦自らもボケ、それからツッコミを入れること)」を披露した。

    日本語は忘れてしまったと謙遜しているセガールだが、コメディアンで画家のジミー大西がTV番組のロケでアメリカを訪れた際、たまたまロケ現場に居合わせたセガールはジミーに「おう。元気か」「ウチはどこや」「新宿か。新宿の何処だ。四谷か。そうか」等と話しかけるなど、流暢な日本語でやり取りをしていた。

    長く伸ばした髪を後ろで束ねたおなじみのヘアースタイルは侍の髷を意識している。

    セガール映画そのものの魅力のほかに、このような経緯もあって「第二の故郷」日本での人気は根強く、アメリカではビデオストレートの作品が、日本で劇場公開されていることも多い。

    スターだった時の名残りか、遅刻と早退の常習犯で、『沈黙の脱獄』と『沈黙の傭兵』を製作したキル・マスター・プロダクションとニュー・イメージから、映画製作を
    遅らせたとして訴えられた。その訴訟内容の中には勝手に脚本を書き換えたり、取り巻き連中による撮影の妨害という内容まである。

    「僕は映画出演が好きじゃない」とインタビューで答えたことがある。

    ジャッキー・チェンとは彼がまだ香港映画にしか出ていない頃からの親友であり、彼のハリウッド進出を歓迎した。

    阪神タイガースのファンである。タイガースの低迷期に大阪の朝日放送のインタビューで「今年もまた負けたらしいのう。わしゃ、もう情けないわ」と大阪弁で答えた。

    主演作の邦題には「沈黙の~」で始まるものが多いため、まとめて『沈黙シリーズ』と呼ばれることが多いが、実際のシリーズ作は『沈黙の戦艦』とその続編『暴走特急』(シリーズ原題『Under Siege』)のみである。他は日本国内での配給権を得た会社が、配給会社にかかわらず、原題とは無関係に「沈黙の~」としているにすぎない。

    1988 刑事ニコ/法の死角
    1990 ハード・トゥ・キル
    1990 死の標的
    1991 アウト・フォー・ジャスティス
    1992 沈黙の戦艦
    1994 沈黙の要塞
    1995 暴走特急
    1996 エグゼクティブ・デシジョン
    1996 グリマーマン
    1997 沈黙の断崖
    1998 沈黙の陰謀
    2001 沈黙のテロリスト
    2001 DENGEKI 電撃
    2002 奪還 DAKKAN -アルカトラズ-
    2002 GEKITEZ 撃鉄
    2003 沈黙の標的
    2003 沈黙の聖戦
    2004 ICHIGEKI 一撃
    2004 クレメンタイン
    2005 沈黙の追撃
    2005 イントゥ・ザ・サン
    2006 沈黙の脱獄
    2006 撃鉄2 -クリティカル・リミット-
    2006 沈黙の傭兵
    2007 沈黙の奪還
    2007 沈黙のステルス
    2007 沈黙の激突
    2007 沈黙の報復
    2008 鉄板ニュース伝説
    2008 弾突 DANTOTSU
    2009 雷神 RAIJIN
    2009 斬撃 -ZANGEKI- 
    2009 沈黙の逆襲
    2010 沈黙の鎮魂歌
    2010 沈黙の鉄拳
    2010 マチェーテ
    2010 Born to Raise Hell 日本公開未定。
















    『Maniac cinema 人物紹介 スティーブン・セガール』

    テーマ : この映画がすごい!!
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    MENU
    検索フォーム
    リンク
    広告
    アフィリエイト・SEO対策 FC2レンタルサーバーLite
    FC2カウンター
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。